誰でも作れるLINEスタンプで、売れて成功するためのポイントとは

絵が苦手でも問題無し!

LINEスタンプは自分で作る事が出来て、しかも沢山売れれば、それだけ売り上げたお金が自分の手元に入ってきます。ですので、誰もが一度は作ってみたいと思う事でしょう。ですが、私には絵心が無いからと言って、諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。実は、LINEスタンプが売れる為のポイントは、特別に絵心が無くても問題ないんです。売れる為のポイントをしっかりと抑えて、あなたもLINEスタンプで一儲けしてみませんか。

実際にアイデアを出す為に必要な事

LINEスタンプのアイデアを効率よく出す為に必要な事は、とにかくLINEを使うという事です。1ユーザーとしてLINEを使えば、何処でスタンプを使えば良いのか、また、こんな時にあんなスタンプがあれば良いのにと、自然に思えるようになります。LINEスタンプで大切なのは、いかにしてユーザーに使いたいと思わせるかどうかになります。いくら絵が上手で、可愛いスタンプを沢山作っても、全く使いどころのないスタンプだと売れないんですよ。

行動をある程度絞って作ってみる

40個もスタンプを作るとなりますと、先が見えなくてどうしようか迷ってしまう人もいますよね。そこで大切なのが、ある行動を絞っていくつかのパターンを考えてみる事です。例えば、挨拶一つでも考え方次第ではいくつものパターンがあります。挨拶、謝罪、お願いなど、大まかな行動を絞って、そこでいくつかのパターンを考えれば、やみくもにデザインを考えるという事も無くなりますよ。そうすれば、40個あるスタンプも簡単に作る事が出来るでしょう。売れるLINEスタンプを作る為に、しっかりとポイントを抑えましょう。

LINEスタンプは対話中に使用することで、簡単にリアクションして感情が伝わります。たくさんの種類があり楽しめます。