悪い噂を表に出さない!情報を遮断する事を目指した風評被害対策

検索エンジンの結果に風評被害を載せない事を重視する

一度でもインターネット上で風評被害に遭われた方というのは、自分の名前をインターネット検索にかけるだけで、検索候補に捏造された情報などがセットで表示されてしまう事もあります。そんな風評被害に悩まされている方は、風評被害対策の業者などを利用する事によって、検索候補の結果を変えられないかチャレンジをしてみましょう。その試みが成功した場合には、自分の名前をインターネット検索にかけても、余計な情報は全く表示されなくなりますよ。

捏造だと分かっても情報を発信する人に対策を

風評被害対策の業者に依頼をして、捏造情報などを根絶出来てつもりであっても、一度広まってしまった情報はどんどん広がりを見せてしまう事もあります。だからこそ業者は継続的な風評被害対策を意識して、まだ捏造情報を広め続けている人間を特定してくれるのです。警告を送ってくれるのは勿論の事ですし、広められている情報が何故に捏造なのかという事を、細かく説明してくれる点が評価されています。その説明で多くの人を納得させられれば、捏造情報が広まる可能性を減らす事が可能です。

風評被害を減らす為のメッセージをウェブサイトに掲載

企業が風評被害に遭ってしまった場合には、その企業の公式ウェブサイトなどを通じて、広まっている情報が捏造だという点をアピールしていく事も重要です。しかし自社で風評被害に対する説明をしようとしても、周りに理解を得てもらえる説明文を書くのは難しい事もあります。そういう場合にも風評被害対策の業者を頼れば、捏造情報に対する反論の上手な書き方を教えてもらえるのです。あまり攻撃的なメッセージにならない様にしてくれて、企業イメージを守る事にも繋げられます。

書き込みの削除依頼が誹謗中傷対策の基本ですが、悪質な場合や書き込みが削除されない場合は刑事事件として告訴します。